• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


回線不調も治って(タブン)PCメンテがそろそろ必要だということもわかって(涙)
どうにかこうにか復帰いたしました!

新しく入隊された3名の方々よろしくおねがいしますね~


ということで昨日(7/25)に顔合わせという形で自己紹介集会を開かせていただきました。

詳しくは↓

ということで集会の内容を少しばかし~

発案はサブマスのみとむに殿です。(ありがとー)

たくさんご参加いただいたのでみんなと顔合わせできて良かったと思います><ノ
参加できなかった方々も今後一緒にダンジョンいったりして顔合わせできる場を作れたらとおもいますので、みんなで行きましょうっ!w


時間が思ったより早く終わったのと起きていれる人がいたので、急遽ペッカダンジョンの1Fを企画させていただきました。
初めて入った方やひさしぶりに入った方などそれぞれ楽しめてもらえたならよかったですw
戦い方なども練習になってよかったと思います。
うち自身もひさしぶりなので楽しかったです。
時間の都合などで来れなかった方なども含めてみんなでまた行きたいです=w=)ノ



戦い方をもう一度書いておこうかな・・

ペッカ通常
・吸血コウモリ  ふつうにたおしちゃおー!

・トレジャーミミック  
・コフィンミミック    ミミック2種  こちらも普通にたおしちゃおー!
                      ※ただし次の沸く可能性に注意!

・グール(青)
・グール(白)     グール2種  青には弓が通りません。(すべてダメージ1)
                      白には弓は通るがバッシブ(NS)があるのでおすすめはしません。

                    どちらにも有効なのはIBC。
                    人数が余ってきたらお手玉(2人1組AとBにて説明)
       A:スマッシュ⇒A:IB、⇒B:(A)のIBがはいってできるだけすぐスマッシュ⇒B:IB⇒くりかえし
        ↑よく使われる戦闘方法なので覚えておくと便利です。

・ワイト      近接攻撃がまったく通じない(すべてダメージ1 HS3持ち)
          よってIBCでじわじわけずるか、魔法や弓を連射するのが有効
          弓の場合2人1組でマグ連射かレンジ、ARにするほうがよい。(足の速いため)

・クローカー   空をとんだ黒いおばけ。 保護はひくめだが、HSが2相当と高めなのでFBCがよい。
             光った場合はディフェンスなのですぐにスマッシュかFBを入れるのがよい。
             詠唱した場合はこちらもすぐにFBかスマッシュを
                   (LBのCCによる周り巻き込みで味方も危険にしてしまう><)
          弓は有効。慣れればマグマグでも倒せるように。

・ホローナイト   クロスボウと接近武器を持ち替える黒い鎧。
           IBCのみでも倒せる。弓にだけ注意が必要(結構早い照準速度と火力、負傷をもっている)
           アルビ上級の犬とおなじようにIBを2発打って死んだフリして凍結が可能。
               (その場合他の人がスマッシュかマグを入れるとよい、※入れるのは2人まで!)

           もう1つの方法としては2人一組が有名。(AとBと表記)
               AがIBCをし続ける BはAがIBを打ったすぐにスマッシュorマグを打つ
                (するとAのほうへアタックをしにいく! ※ミルは厳禁!タゲかわります!)

・ブルーゴースト
・レッドゴースト   ゴースト2種違いはブルーがTH、レッドがFBLを使うというだけ。
            1対1で戦う場合はFBC(壁を背にするべし、吹っ飛びの後ワープしますので)
            PTチームプレイでする場合は隅においやってミルミルが有名。
                (すきまを狙い撃ちされる可能性もありますので
                  慣れた人はミルの隙間を生めるように心がけると良いです。)



ペッカ通常での戦い方はこんなところでする。
他にも魔法士によるTHorFBL攻撃などの連携や弓とボルト連携、接近とボルト連携など
沢山コンビネーションがありますが、それはまた今度=w=

ものすごい長くなってしまったなー・・・・
(こんな長いの何人の人が見るんだろうか・・・)

それではまたっ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
解説おーつかれーw
コンビプレイは特性覚えるまでがシンドイデス、センセー(´・ω・`)

個々のスキル特性に合わせたコンビが組めるようになると楽しいだろうねーw
2009/07/29(Wed) 01:57 | URL  | みとむ #-[ 編集]
おつありw

うむーコンビプレイ練習するのも楽しいからねー
試行錯誤みんなでやってきましょうーw
うまくなると楽しいね~

また練習する場をつくるのもいいですねw
2009/07/31(Fri) 00:14 | URL  | ニュクル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。